メニュー

よくある質問Q & A

矯正治療期間はどのくらいですか?

矯正治療期間の目安

治療期間は患者さまの歯並びや矯正方法によって異なります。上下顎対象の全体矯正を大人がする場合には、歯を動かしている期間は平均的に1年~2年半程度です。
その後、歯を安定させ、後戻りを防ぐための保定期間に入ります(保定期間は矯正治療にかかった期間と同程度)。

また、「部分矯正」と呼ばれる前歯部分だけの矯正治療の場合、主に抜歯を行わない軽い症状を扱うので、治療期間は数ヶ月〜1年と短い傾向にあります。

矯正治療を早く終わらせるための矯正治療

当院では、できる限り治療期間を短くできるよう、さまざまな取り組みを行なっています。

デジタル設備の導入

「治療計画にかかる時間」「矯正装置を準備する期間」へも目を向け、当院では3DCTや口腔内光学スキャニングカメラなどのデジタル設備を取り入れることで、検査から治療計画までを効率化しています。

また、グループに技工所を持つことによって、患者さまを長くお待たせすることなく、矯正装置を作製し、すみやかに治療に入れるような環境となっています。

舌側矯正治療での「セルフライゲーションブラケット」使用

裏側にワイヤー装置がつく舌側矯正は矯正治療の中でも歯を動かしやすい傾向にありますが、その装置のなかでも、体への負担を軽減し歯を動かしやすくする「セルフライゲーションブラケット」と呼ばれる装置を使用しています。

歯科矯正用アンカースクリューの使用

さらに症状によっては歯科矯正用アンカースクリューの使用も行なっています。チタン製のネジであるアンカースクリューを用いることで、歯を大きく動かす際や、歯の動かし方が難しい場合でも、効率的に歯を動かせるので、結果的に矯正治療期間が短くなることがあります。

矯正期間短縮のためのオプション

また、「より早く矯正治療を終わらせたい」という患者さまのご希望に応え、矯正期間を早めるためのオプションもご用意しております。

オプション治療では、歯の動きを促進すると共に、患者さまが希望される場合にはワイヤー矯正治療とマウスピース型矯正治療を組み合わせることによって、金属のワイヤーの装着期間を短くするなど様々な策を講じ、矯正治療期間を短縮させながら通常治療と変わらない結果を目指しております。

矯正治療はどのくらいの時間がかかる? 長い矯正治療早くならないの?

カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-888-359

ご予約・カウンセリングの
お申し込みはこちら

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-888-359
閉じる