メニュー

よくある質問Q & A

八重歯は矯正治療をすべきですか?

日本人にとって八重歯はチャームポイントと捉えられることもあり、かみ合わせや咀嚼にそれほど問題を抱えていないのであれば、無理に矯正治療をすることはありません。

八重歯とは?

八重歯とは叢生(でこぼこ・乱杭歯)の範疇に入る歯並びで、主に犬歯(前から3番目の歯)が歯列から少し飛び出し目立つものを言います。永久歯は前から順に生え変わっていきますが、上顎の犬歯は少し遅れて生えてくることも多く、その際歯の萌出するスペースがないと、歯列から外れて生えてしまい、八重歯となります。

八重歯のデメリット・問題点

前歯の凸凹や八重歯は見た目の問題だけではなく、歯と歯が重なって歯磨きがしづらかったり、口を閉めづらいといった問題を起こすこともあります。

こうした問題は虫歯や歯周病の原因になり、さらには前歯が機能しないことによって奥歯・あごに負担をかける可能性があります。

矯正治療を行うことによりそれらの問題点が解決するので、八重歯の治療を行うことはとても重要です。

カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-888-359

ご予約・カウンセリングの
お申し込みはこちら

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-888-359
閉じる