メニュー

よくある質問Q & A

歯を削る・抜くのを避けると治療期間は長くなりますか?

まず、「抜歯をしない・歯を削らない」から治療期間が長くなる、ということはありません。抜歯を伴わない矯正治療はどちらかというと、歯を動かす距離が小さい治療が多いので、治療期間は短い傾向にあります。

ただし、矯正治療の抜歯は患者さまの歯並び・かみ合わせの症状や、矯正治療後の側貌(横顔・口元の印象)とも関わってくることですので、矯正歯科としては、患者さまの希望を汲みつつも、患者さまに本当に必要な治療のご提案をしていきます。

矯正治療と抜歯について

舌側矯正や歯科矯正用アンカースクリューの使用によって、以前より歯を大きく動かしやすくなっています。そのため、池袋駅前歯科・矯正歯科では、患者さまの健康な歯はできるだけ残すという方針で治療を進めています。

とはいえ、治療後の美しい歯並び、正しいかみ合わせのことを考えると、どうしても抜歯が必要な症状もあります。そうした症状で抜歯をせずに無理やり歯を並べてしまうことは、さまざまなリスクにつながるため、矯正歯科としてはおすすめしません。

IPR(ストリッピング・ディスキング)/
歯を削ることについて

「矯正治療で歯を削る」のは、大抵の場合、抜歯の代わりに歯を並べるスペースを作っていくために行われます。これはIPR(InterProximal Reductionの略)と主に呼ばれる処置で、歯の表面のエナメル質をわずかに削っていきます。エナメル質は通常1〜2mm程度の厚さを持っていますが、その3分の1以下の範囲(0.25mm程度)で削って歯と歯の隙間を作っていきます。エナメル質を削るからといって虫歯になるリスクはありませんし、削る際の痛みもありません。

歯科医で「削る」と聞くと、どうしても怖い・痛いイメージが伴いますが、歯への負担がない範囲で、ごくわずかに削る方法ですのでご安心ください。

矯正治療での抜歯やディスキングは「治療期間の短縮」といううより、治療後の仕上がり・歯並びに関係する施術です。コラム「矯正治療と抜歯」にも詳しく説明していますので、そちらも合わせてご覧ください。

非抜歯矯正っていい矯正?

カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-888-359

ご予約・カウンセリングの
お申し込みはこちら

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-888-359
閉じる