メニュー

よくある質問Q & A

矯正治療で親知らずは抜いた方がいいですか?

親知らずは20歳前後に生えてくる、3番目の大臼歯(奥歯)です(前歯から数えて8番目の歯)。「斜めに生えてくる」、「歯茎が腫れる」、「虫歯になる」といった何かとトラブルを起こしやすい歯でもありますが、必ず抜かなければならない、というわけではありません。

親知らずの抜歯について

当院では矯正治療前に精密検査を行いますが、その際に、親知らずについても確認します。親知らずが正しく萌出している場合や、今後歯並びに影響を与えないと予測できる場合には無理に抜歯はおすすめしません。

親知らずを抜く必要がない場合

  1. 親知らずがまっすぐに生えている
  2. 親知らず自体や隣接する歯が虫歯や歯周病にかかっていない

親知らずを抜く必要がある場合

  1. 親知らずが曲がって生えている・歯茎に半分埋まっている
  2. 親知らずや隣接する歯が虫歯や歯周病になっている
  3. 親知らず周辺の歯茎が腫れている・痛みを持っている

矯正治療のために
親知らずを抜歯する

親知らずの抜歯

一方「親知らず」を利用する方法もあります。

抜歯が必要な矯正治療の場合、歯が並ぶスペースを作っていくことが重要ですが、そのスペースを親知らずを抜くことで作ります。歯列を大きく動かすことになるので、どちらかというと舌側矯正向きの矯正方法になります。

ただし、これは親知らずがある程度まっすぐと生えてきている場合に限られます。現代ではもともと親知らずが存在しない方も増えてきていますので、親知らずの抜歯を利用した矯正治療に関心のある方は一度クリニックへご相談ください。

カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-888-359

ご予約・カウンセリングの
お申し込みはこちら

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-888-359
閉じる