メニュー

よくある質問Q & A

過蓋咬合(ディープバイト)を疑っています。

過蓋咬合(ディープバイト)とは?

過蓋咬合(ディープバイト)とは噛み合わせが深い状態のことを言います。通常ですと、上下の歯の咬み合わせは上の歯が下の歯を2ミリ程度覆います。上の歯が下の歯の半分以上を覆い隠してしまう場合、かみ合わせが深い状態だと言えます。

ディープバイトの症状を持っている方は歯並び自体は整っていることが多いのですが、深くかみ合わさっていることで、顎や奥歯への負担が増し、問題を引き起こします。

過蓋咬合(ディープバイト)のデメリット

重度の過蓋咬合では、上の歯が下の歯を完全に覆ってしまうことがありますが、そうなると以下のような問題が生じます。

顎関節への負担

まず、上の歯が下の歯に被さっているため、本来であれば自由に動く下顎の動きが制限され、顎関節への負担が増します。その結果、顎関節症の原因となる恐れがあります。

歯肉を傷つける

下の歯が上顎の歯や歯肉部分に当たるため、歯肉を傷つける、上の歯を圧迫して出っ歯になりやすくなるといったことも過蓋咬合のデメリットとして挙げられます。

過蓋咬合はご自身ではなかなか気づきにくい不正咬合のため、歯科検診で指摘されて初めて気付いた方や、歯肉の痛み等で歯科医を受診して過蓋咬合であることを知ったという方が多いのが特長です。

またかみ合わせが深いことで、通常よりも上の歯茎が見えてしまう「ガミースマイル」を伴っている場合もあります。

過蓋咬合(ディープバイト)も矯正治療で改善のできる不正咬合です。かみ合わせに不安を覚えた場合にはご相談ください。

カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-888-359

ご予約・カウンセリングの
お申し込みはこちら

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-888-359
閉じる