メニュー

よくある質問Q & A

舌側矯正で矯正装置が外れた場合はどうすればいいですか?

矯正装置の接着について

歯の安全と健康のため、外れる可能性のある強度で接着しています

まず、舌側矯正の矯正装置(ブラケット)は歯の表面に接着しており、矯正終了後は装置を外します。

接着の強さは「取る」ことを想定している点をご理解ください。また、あまり強固に接着すると、装置に強い力がかかった際、歯自体にも危険が及ぶ可能性があります。

そのため、装置に何らかの力がかかった場合、装置が取れる(脱離)することもあります。

矯正装置が外れる原因は?

もちろん普通に生活をしていて簡単に取れるわけではありませんが、硬い食べ物や粘着性のある食品を食べた際に、装置が外れる例が多くあります。下に矯正装置が外れる原因として多いもの挙げていきましょう。

  1. 装置にからまる・くっつく食べ物、硬い食べ物
  2. 噛む力が強い、かみ合わせが深い
  3. セラミックや金属の被せ物が多い

矯正装置が外れる場合、ほとんどが上記の原因のどれかに当てはまります。舌側矯正ですと、特に、2番目の「噛む力が強い、かみ合わせが深い」場合、前歯の裏側につけたリンガル矯正装置が歯に当たり、ブラケットが取れてしまうことが見受けられます。こうした状況では奥歯もかめなくなっていることが多いので、奥歯部分に歯科用のレジンを盛り、高さを調節することによって、ブラケットの脱離や奥歯のかみ合わせに対処します。

矯正治療はセラミックの歯、銀歯等があっても行うことができますが、ブラケットの接着が難しい場合もあります。特にセラミックの場合は表面に薬剤を塗った後、設置を行うことがありますが、それでも取れやすい場合には、一時的にプラスチックの仮歯に変更して矯正治療を行うこともあります。

ブラケットが取れた場合はすぐにご連絡ください

迅速に対応いたします

かみ合わせが深い場合を除いては、舌側矯正だから取れやすいということはありませんが、患者さまの中には矯正装置が外れやすい方もいらっしゃいます。食事の際には気をつけていただきたいのですが、万一ブラケットが外れた場合には、すぐご連絡ください。できうる限り、迅速に対応いたします。

またトータルフィーの治療費内に急患対応費用も含まれています(※ 回数に限度がございます)ので、ブラケットが外れた際の処置費は別途支払いいただく必要はございません。

カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-888-359

ご予約・カウンセリングの
お申し込みはこちら

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-888-359
閉じる