メニュー

よくある質問Q & A

セラミックの歯の耐久性は?どのくらいもちますか?

セラミックは変色や劣化がほとんどなく、強度も高い特徴を持っています。口内環境を整え、定期的にメインテナンスを行うことで長期間使用することができます。

ただ、セラミックの歯に関しては、さまざまな要因によって耐年数が変化するため、等しく「○年」と言うことは少々難しい問題です。

定期的なメインテナンスを怠らず、歯に大きな負担がかからないなど、好条件が揃った場合には20年以上持つ例もありますが、かみ合わせの負荷がかかりやすい場所のかぶせ物や、歯ぎしり・かみしめ癖のある患者さまの場合には、あるタイミングでヒビが入ってしまうということもあります。

こちらでお伝えすることは一つの目安としてお考えいただき、より詳しい展望についてはクリニックにてご質問ください。

素材素材について耐年数の目安
保険適用の白いプラスチック
(レジン)
強い衝撃が加わると破損する恐れがある他、磨耗もしやすい。変色スピードが早く、2年ほどで黄ばみが出てくる。2〜3年
保険適用の銀歯
(金銀パラジウム合金)
口腔内で変色・腐食する可能性があり、腐食した箇所から虫歯を引き起こすことが多い。2〜5年
メタルボンド金属の土台にセラミックを焼き付けたもので、金属の強度とセラミックの審美性を併せ持つ素材。土台に金属を使用しているので、経年劣化によって金属の成分が溶け出し、歯ぐきの黒ずみとなる「ブラックマージン」を引き起こすこともある。7年
オールセラミック・ジルコニアボンド・フル(オール)ジルコニア金属を使用せず、全てをセラミックで製作。オールセラミックは審美性が高いものの、強い衝撃が加わると破損する恐れがある。オールセラミックの強度面を補ったのがジルコニアボンドやフルジルコニア。5〜10年
e-max二ケイ酸リチウムガラスを主成分とする新しいセラミック素材で、強度が非常に高い。5〜10年
ハイブリッドセラミック歯科用のレジンにセラミックの粒子を混ぜ込み、審美性を高めた素材。経年変色が避けられない。5年
池袋駅前歯科・矯正歯科の審美治療

カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-888-359

ご予約・カウンセリングの
お申し込みはこちら

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-888-359
閉じる