メニュー

よくある質問Q & A

審美治療とはどういうものですか?一般歯科治療と何が違いますか?

審美治療とは、見た目・使用感などの点で可能な限り天然の歯、理想の歯に近い形へ直す治療のことを指します。

一般歯科治療では、虫歯などの「治療」が大きな目的である一方、審美治療では治療後でも治療をしたことが分からないような、自然で美しい見た目に戻すことを大きな目的とします。

審美治療の具体的な内容

  • セラミックインレー

    セラミック素材を利用したつめ物です。虫歯の治療跡などをごく自然に埋めることができます。

  • セラミッククラウン

    セラミック素材を利用したかぶせ物です。虫歯治療で歯を大きく削った場合、歯の折れ・欠けなどに対応します。ご自身の歯を削って土台にし、その上からセラミックのかぶせ物をかぶせます。セラミック素材を使うことでご自身の歯と区別がつかないような見た目になります。

  • ラミネートベニア

    前歯の歯の色や形が気になる場合に、セラミックの薄いチップを歯に貼ることで治療する方法です。歯を大きく削る必要がなく、ホワイトニング等で白くならない歯の治療方法として希望する患者さまが多いです。

  • ダイレクトボンディング

    小さな治療跡やちょっとした歯の形の修正に利用される治療方法です。レジンとセラミックを混ぜ合わせたハイブリッドセラミックを歯に盛り付けるようにして治療を行います。

  • インプラント

    かみ合わせなどの機能的な面が注目されやすいのですが、 審美面でもメリットが大きいのがインプラント治療です。歯を支える骨へ設置するネジ部分の上はセラミックのかぶせ物を利用することが多く、歯を失った場合の選択肢として有効です。

審美治療のメリットとは?

  1. 数回の通院できれいになることがある。
  2. 自分の歯のように自然な見た目にできる。
  3. 耐久性が高い素材で体にもやさしい。
  4. つめ物、かぶせ物の精度にこだわる治療で、虫歯や歯周病のリスク減。

審美治療では、「治療後の歯」と「他の歯」との違和感を無くしバランスを整えることで、キレイな口元を手に入れることができます。

審美治療というと、「見た目だけ」と思われがちですが、口元に自信がつくことによって、精神的にプラスの効果もあります。さらには、セラミックなどの耐久性の高い素材を選択することによって、金属アレルギーを防ぎ、お口の中をより長く健康に保つこともできます。また、審美治療では歯肉との調和、つめものの精度にこだわることで、二次的な(治療終了後の)虫歯・歯周病のリスクを減らすこともできます。

矯正治療と審美治療の違いは?

  1. 矯正治療は「歯を動かす」治療
  2. 審美治療は「歯自体へアプローチ」する治療

歯の凸凹や出っ歯・すきっ歯といった「歯並び」を治したい場合には、矯正治療と審美治療の二つの方法があります。矯正治療は「ご自身の歯を動かす」ことで歯並びを整えていきますが、審美治療では、ご自身の歯を削ってセラミックの歯にする、ハイブリッドセラミック等で歯を整形して隙間を埋めるといった、「歯自体にアプローチ」することで歯並びを整えます。

歯の形や大きさに問題があるとき、隙間などが軽微な場合には素早くキレイになるので審美治療は有効ですが、歯列を整えたい場合には矯正治療の方をおすすめします。矯正治療では、ご自身の歯を削ることはありませんし、かみ合わせの問題にも対応できるので、歯並びに関しては長い目で見た時にメリットが大きいと言えます。

池袋駅前歯科・矯正歯科の審美治療

カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-888-359

ご予約・カウンセリングの
お申し込みはこちら

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-888-359
閉じる