矯正治療の有力な選択肢 裏側矯正 Lingual orthodontics

裏側矯正とは

「池袋駅前歯科・矯正歯科」は歯の裏側につくため目立たない舌側矯正を中心として扱っています。日本矯正歯科学会専門医の総院長が統括する総合歯科クリニックです。これまで本院で積み上げた経験を生かし、デジタル管理の舌側矯正治療を提供します。

目立たない裏側タイプの舌側矯正は、別名「リンガル矯正」と呼ばれるもので、特徴は「矯正装置が見えない」という点です。

矯正治療と言っても今やその治療方法は様々ありますが、「舌側矯正」は歯の裏側に装置がつく治療方法で、目立ちにくく、虫歯など治療中のリスクが低いことも特徴です。

治療期間を短縮するために

矯正装置をより短い期間で外すため、
徹底して「精度」と「速さ」にこだわります。

長い治療期間はできれば短くしたい。その想いから、 池袋駅前歯科・矯正歯科では、治療の質を落とすことなく、患者さまがより短い期間で矯正装置を外せるよう治療を進めていきます。

デジタル技術の導入

患者さまのお口の中を「歯科用CT」・「3Dスキャナー」などによって細部に至るまでデジタルデータとして計測します。 目で見えない場所や経験によって補っていたものを「見える化」することによって、より詳しくリスクの少ない治療計画を立てることができます。矯正治療は治療計画が重要。デジタル技術によって、治療のシミュレーションもご覧いただけます。

  1. 1 治療前のプロセスにもこだわる。

    「池袋駅前歯科・矯正歯科」はグループ内に技工所を持っているため技工物の製作もスピーディーです。ドクターと技工師のコミュニケーションが取りやすいことや、技工所へのデジタル設備導入が舌側矯正を支え、治療のスムーズな進行にも貢献しています。

  2. 2 精密さを求めて。

    治療から「あいまいさ」を取り除きます。
    ドクターの経験や技術に頼っていた部分を、デジタルで「見える化」します。CTによって歯根の状態や顎の骨の形体を確認できるほか、治療開始から終了までの姿をコンピュター上でシミュレート。
    患者さんにもご自身の歯がどう動くか見て頂くことができます。 シミュレートすることで効率のよい動かし方を模索します。

オプション治療として
歯の動きを早める処置も

そのほか、フォトバイオモジュレーション装置(オーソパルス)を利用して代謝を促し、歯の動きを早めていくオプション治療も行っています。
矯正治療とは、ごく小さな力を継続して歯にかけていくことで成り立つ治療です。早く動かしたいからといって、強い力をかけて無理やり歯を動かすことはできません。フォトバイオモジュレーション治療では歯の動くメカニズムを促進することで歯の動きを加速させ、矯正治療完了を早めることを目指します。

池袋駅前歯科・矯正歯科
裏側に装置がつく舌側矯正の特徴

総院長 東海林が統括し、医師・スタッフへの指揮を執ることで、丁寧で細やかな配慮を意識した「目立たない舌側矯正」を提供します。

「目立たない舌側矯正」は、治療チームも独自の院内教育プログラムと総院長による厳しい評価をクリアしたメンバーで構成されます。舌側矯正を専門に行っているドクターによる治療、院内で選抜された治療チーム、適正な価格が私たちの「目立たない舌側矯正」の特徴です。

  1. 1 普段の生活では装置がみえません

    目立つ矯正装置が嫌で矯正治療をためらっていた方、キャビンアテンダント・アナウンサーなど 職業的に目立つ矯正装置を禁止されていた方も安心して治療頂けます。

  2. 2 食事でのストレスが少ない

    矯正中は食事のときに装置に食べ物がからまり、 その度に歯磨きに行く訳にも行かず、大変気を遣う必要があります。
    舌側矯正治療では、「装置が裏側につく」ので食べ物が詰まっても気づかれにくく、 食事の後で歯をみがけば大丈夫です。

  3. 3 いち早く美しい歯並びを実感できる

    舌側矯正治療では治療が終るのを待たずに、前歯が揃ってきた段階で美しい歯並びを実感することができます。
    通常、治療から半年程度で前歯がきれいに揃うので、その段階でかなりきれいな口元で過ごせます。

舌側矯正の流れ

  1. ー1ー矯正装置の製作

    舌側矯正(裏側・リンガル矯正)は歯の裏側に装置をつけます。歯の裏側は歯の表側より複雑な形をしており、 装置の設置は難しいのです。
    そのため、舌側矯正の矯正装置はひとりひとりに合ったオーダーメイド。
    「池袋駅前歯科・矯正歯科」は技工所をグループ内に持ち、技工師が医師とコミュニケーションを密に取りながら 矯正装置を作り上げます。

  2. ー2ー矯正装置の装着

    「インダイレクトボンディング*」で装置を歯に設置していくので、 計画通りに装置を付けることができます。
    矯正装置は専用の接着剤で歯の裏側へ接着を行っていきます。
    *ブラケットを一つずつ接着するのではなく、歯型模型を使用し、 あらかじめ装着位置を決めた上で、一度に接着を行う方法です。

  3. ー3ー矯正装置の調整

    原則的に3週間に1度のペースでご来院頂き、装置の調整を行います。治療期間はなるべく短くして、お客様の負担を軽くすることを目指しております。
    矯正開始時に痛みを感じる方は、お薬の処方を行っております。
    また、期間中のクリーニング(PMTC)やホワイトニングも可能です。

  4. ー4ー治療完了後、保定期間へ

    計画通り歯並びが整ったことを確認し、舌側矯正装置を除去します。治療後の歯を歯槽骨で安定させるため、マウスピースタイプの保定装置を使用頂きます。3ヶ月から半年のペースでご来院頂きます。

舌側矯正についてのよくある質問

■ 矯正治療には保険が効かないのですか?

原則的に矯正治療は保険診療の対象ではありません(顎周囲の怪我や変形によるものは保険対象となることがあります)。
詳しく見る

■ 治療期間はどのくらいですか?

治療期間についてのご質問です。
詳しく見る

■ 通院の頻度はどのくらいですか。

通院の間隔についてのご質問です。
詳しく見る

■ 矯正中の食事は辛そうですが…

装置を付けてすぐや、調節した直後は痛みを感じることもあるため、硬いものが噛めないこともあります。ただし、矯正期間中ずっと辛いわけではなく、早い人で1週間〜2週間、1ヶ月もすると食事の問題は解決されることがほとんどです。
詳しく見る

■ 舌側矯正治療中はしゃべりづらい事はありませんか?

最初のうちは舌が装置に当たり多少しゃべりづらいということがあります。 ただし、症状によっては抜歯が必要なものもあります。
詳しく見る

■ 矯正は痛いと聞き不安です。

矯正治療の痛みは耐えられないほどのものではありませんし、 矯正期間中ずっと続くものでもありません。
詳しく見る

■ カウンセリングは本当に無料ですか?

はい、無料で行っております。
詳しく見る

矯正治療・セラミック審美治療は患者さまの症状により 期間が異なりますのでご注意ください。

・マウスピース型矯正は完成薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。