審美治療

歯本来の美しさへ

「歯の大きさがバラバラで歯並びが悪く見える」
「前歯のすきっ歯を治したい」
「歯の変色が嫌だ」
「銀歯を目立たなくしたい」
…などなど歯のことで悩んでいる方は多くいらっしゃいます。これらの症状に対応し、歯を美しくするお手伝いをするのが審美歯科治療です。

けれども、「見た目」だけよくなれば良い、という問題でもありません。歯は体全身の健康に関わる重要な部分です。 池袋駅前矯正歯科では歯の見た目を整えるとともに、機能面・健康面を配慮した治療を行っていきます。
矯正治療の経験と知識が支える、無理のない審美治療であなたの笑顔をさらに輝かせていきます。

池袋駅前矯正歯科の
デジタル精密審美

デジタル精密審美治療

 池袋駅前矯正歯科では、先進的なデジタル技術を用いて審美歯科治療を行っていきます。
 修復物の場合、精度が低いと経年変化によって審美性は低下してきます。手軽なイメージの強い審美治療ですが、じつは修復物の精度やドクターの技術が重要になってくるのです。
「池袋駅前矯正歯科」では歯の修復の際に3D光学カメラによってお口の中をスキャンし、コンピュータ上に歯を再現します。
 そのデータをもとに、コンピュータ上で治療のシミュレーションを行い修復物(詰め物や被せ物)を設計していきます。

1dayデジタル審美について

デジタルプロセスで
スピーディに。
修復物のできるまで

 

1.歯型のスキャン

 カウンセリング・診断後、3D光学カメラによって治療する歯をスキャンしていきます。

 

2.修復物の設計

 スキャンしたデータをもとに、コンピュータ上で修復物を設計します。

 

3.修復物の作成

 データをミリングマシンに送信することで、修復物を自動で製作します。

 

4.修復物の接着

 修復物の完成後、ドクターが歯への接着を行います。

本来の歯へ
できるだけ近づくために

審美治療って見た目だけ?

 矯正治療は歯の動くメカニズムを利用しています。ただし、歯が折れてしまったり、欠けてしまった場合には歯が再生することはないので、人間の本来持っている力に頼ることはできません。
そこで力を発揮するのが審美治療です。

 スポーツや事故、日々の習慣など、歯を損なう可能性は身の回りに存在しています。 一方、「歯」というのは審美的な問題はもちろん、食事や発声など日々の生活にとって重要な部位です。池袋駅前矯正歯科では、 アクシデントなどによって損なわれた歯をあきらめるのではなく、もとの歯の美しさへ再生させるお手伝いを行いたいと考えています。

審美治療の適用例

  1. 1 すり減った歯を直す

     矯正で歯をきれいに並べたとしても、治療前の歯並びの際に歯を噛み合わせなため歯がすり減っていることがあります。
     矯正では歯の根元部分で歯がきれいに並ぶように調整していきます。 そのため、歯がすり減っていたり、歯の大きさが違うと歯先のラインが揃わなくなります。 その際に有効なのが審美治療です。すり減った部分を補填することで、美しく揃った歯を実現できます。

  2. 2 歯の隙間をなくす

     歯が小さく、隙間が気になる場合、矯正治療でも治療が可能ですが、 セラミックを用いて素早く直すことができます。

  3. 3 銀歯を自分の歯のように

     銀歯は奥歯にあったとしても、口を開けた際にどうしても目立ってしまいます。 銀歯を目立たなくしたい場合は銀歯のかわりに白いセラミックを被せることで対応することができます。
     セラミックの使用で自然な歯に限りなく近づけることができる上、 経年変化・劣化の心配もありません。

  4. 4 差し歯・歯茎の黒ずみをきれいに

     歯と歯肉の境目の黒ずみで悩む患者さまも多くいらっしゃいます。 原因は以前の審美治療、保険適用のクラウンの経年変化、歯周病による歯肉の後退など様々ですが、 セラミックの使用、精密な治療によって問題を解決します。

矯正治療・審美歯科治療は患者さまの症状により 期間が異なりますのでご注意ください。